HOTS Basketball今バスケットボールが熱い!

社内でTシャツ作成をする

社内でTシャツ作成をすることになり担当になったためたくさん調べましたが、5枚以上だったら業者に印刷を発注したほうが手間も無くコストも安くあがります。

Tシャツ作成の際のデザインのポイントはまず色です。Tシャツの地の色と、インクの色を何色にするか、インクの色は一色なのか二色なのかを、デザインを決める前に話し合っておくとスムーズかもしれません。

色やイメージが決まれば、デザインもぼんやりと見えてくるはずです。プロのデザイナーやイラストレーターにデザインを発注するのもいいですが、オリジナルTシャツを作成するのであれば自分たちでデザインまで完了させたいと思い、好みのデザインの理想通りのTシャツを作る事ができました。

プリントTシャツドットコムではオリジナルのデザインで1枚からTシャツを作成します。

枚数次第でTシャツ作成業者の対応も変わる

業者としては、多くの枚数を生産したいと思っていますので、なるべくTシャツ作成は多くしてくれることがいいと思っています。少しでも多いと感じられるようになっているなら、この業者はいいと思ってくれるので、長い付き合いを検討したいと思っています。

しかも生産してくれるスピードを早めるようにして、すぐにでも提供できる仕組みを採用してくれるのです。しかしあまり作らないようにしていて、時間的にも余裕があるようなら、依頼については極力避けるようにして、とりあえず与えられている仕事だけをこなすような形を採用します。Tシャツ作成の対応は変わってくるのです。

Tシャツ作成におけるポイント

Tシャツ作成にあたっての重要点を挙げます。まずは需要側のニーズを把握した完成品をイメージし、それに沿う事が可能かどうか検証します。確保されている予算内で実現可能かどうかの確認も必要です。

次に必要とされる季節に合った土台の生地かを確認し、肌の表面上だけでなく吸水性、保温性や冷却性など目的に合ったものを選ぶのもポイントです。需要側の幅を広く設定する事が可能であれば、販売数を伸ばす事を目標とする事も可能となります。それにより、仕入れ量の増加により一枚あたりの仕入れコストを抑え、売値を低く設定する薄利多売などの経営戦略を練る事も出来ます。

あなただけのTシャツ作成

Tシャツ作成は、難しいものではなく、最近ではスマートフォンやタブレット端末からでもインターネットで作成を請け負ってくれるサイトも多くあり、自分だけのオリジナリティ溢れるデザインのものを気軽に作れるようになりました。

また、手芸店や雑貨店、さまざまなバラエティショップなどで装飾品などを買い、自分で無地、もしくは好みにあったデザインのTシャツを準備し、それに模様や装飾を付けて手作りを楽しむこともできます。市販しているデザインにはない、自分だけのTシャツを作り、それを着ておしゃれを楽しむことができます。

Tシャツ作成を依頼する時のポイント

オリジナルのTシャツ作成をすると決まったときに、どこでどんな風に作成することができるかをまず知りたいと思います。ネットで検索をすると、関連するページは多くあり、迷うことがあります。そのようなときは、いくつかのポイントを知っておくと良いでしょう。

まずは業者の対応が丁寧で親切であるかどうかです。デザインや納期などの条件がいくつもありますから、希望にそってもらえるか同のポイントにもなります。次にサンプルがあるかどうかです。できた時のイメージを掴みやすくなります。そして、ホームページをしっかりと確認することです。工場の有無や良し悪し両方の口コミがあるかどうかも参考になります。

オリジナルTシャツ関連

バスケットボールの練習で着るオリジナルTシャツ作成についてページを増やしていきます。

バスケなどのスポーツでも着れるオリジナルTシャツ作成について興味のある方はこちらを見てください。

オリジナルTシャツ作成以外のお問い合わせはこちら